一度でいいから食べてみて。

いわて純情米
について

いわて純情米とは、岩手県が誇る澄んだ空気、元気な土、清らかな流れ、そして生真面目なまでに純粋な情熱を持った農家が丹精を込めて育てたお米です。
いわて純情米には、岩手県産米のフラッグシップ(最高級品質)『金色の風』、「かろやかな口あたり」と「ほのかな甘み」『銀河のしずく』、日本トップクラスのおいしさ『ひとめぼれ』、粘りが強く弾力のある食感『あきたこまち』、粒が大きい新食感『どんぴしゃり』、適度な粘りがある良食味『いわてっこ』、ほどよい粘りとみずみずしい炊き上がり『ササニシキ』、粒ぞろいがよく冷めてもおいしい『かけはし』の味わいの違う様々なお米があります。

いわて純情米新CM
動画を公開中!

  • 「一度でいいから食べてみて」篇
    15秒 Ver.

  • 「一度でいいから食べてみて(キャンペーン情報有)」篇
    15秒 Ver.

  • WEBムービー
    「一度と言わずに食べてみて」篇

出演者プロフィール

のん

のん

1993年兵庫県生まれ。 2016年公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」で主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞。
2017年に自ら代表を務める新レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足。
創作あーちすととしても活動を行い、2018年自身初の展覧会『‘のん’ひとり展‐女の子は牙をむく‐』を開催。

2020年春にはヒロインを演じた映画「星屑の町」が公開。2020年12月主演映画「私をくいとめて」が公開(第33回東京国際映画祭TOKYOプレミア2020部門 観客賞/東京都知事賞受賞、第30回日本映画批評家大賞 主演女優賞受賞)。
2020年ジャパンSDGsアクション推進協議会により、SDGs People第1号に選出。SDGs認知拡大のためにキャラクター制作などを行っている。
2022年には自身が脚本、監督、主演の映画作品「Ribbon」の公開が予定されている。

新津ちせ

新津ちせ

2010年生まれ。東京都出身。
2014年ミュージカル「ミス・サイゴン」でデビュー後、CMや映画、ドラマなど多方面で活動。
音楽ユニット「Foorin」のメンバーとして、「NHK紅白歌合戦」に 2018年から3年連続出演し、「第61回『輝く!日本レコード大賞』」では史上最年少の9歳で日本レコード大賞受賞者となる。
2019年公開の「駅までの道をおしえて」で映画初主演。
その他、主な出演作に、NHK連続テレビ小説「エール」、映画「アナと雪の女王2」(吹替)、「喜劇 愛妻物語」など多数。

キャンペーン
ご応募はこちら

  • 応募締め切り 2021年12月31日(金)※当日消印有効
  • 応募締め切り 2021年12月31日(金)※当日消印有効

関連リンクはこちら

  • いわて純情米
  • JA全農いわて