1. ホーム
  2. 新着
  3. 県オリジナル新品種「銀河のしずく」稲刈り実施!

新着

県オリジナル新品種「銀河のしずく」稲刈り実施!2016年09月21日

 花巻市(19日)や紫波郡矢巾町(21日)で今秋デビューの岩手県新ブランド米「銀河のしずく」の稲刈りが行われました。花巻市開催には上田東一市長と本会畠山俊彰県本部長、矢巾町開催に達増拓也岩手県知事とJAいわてグループの藤尾東泉会長が参加しました。

 銀河のしずくは背丈が低く、茎が太いので、風に強く倒れにくいのが特徴です。病気に強いため、栽培しやすいのも魅力の1つとされています。さらに昨年収穫された米の食味ランキングで県のオリジナル品種として初の「特A」を獲得するなど県産米の消費拡大へ大きな注目を浴びています。

 稲刈りを行なった達増知事は「機械での収穫でしたが力強い手ごたえを感じました。台風や気候による心配がありましたが、無事に実って嬉しい気持ちです。できるだけ多くの皆さんに食べてもらい、岩手の代表として大事にしていきたいです」と喜びを語りました。

銀河のしずく収穫を祝う畠山県本部長      感触を確かめながら稲を刈る達増知事

        銀河のしずくの収穫を祝う畠山県本部長      感触を確かめながら稲を刈る達増知事