1. ホーム
  2. 新着
  3. 県代表校へ県産食材を贈呈

新着

県代表校へ県産食材を贈呈2017年02月06日

 JA全農いわては、第89回選抜高等学校野球大会に出場する盛岡大学附属高校(4年ぶり4回目)へ、いわて純情豚1頭分と支援金を贈呈しました。式には、赤坂昌吉校長と関口清治監督、比嘉賢伸主将が出席。畠山県本部長から目録を受け取った比嘉主将は「今日いただいた豚肉は現地の宿舎にてチーム全員で食べ、力をたくわえて試合に臨みます。支えてくださった方々へ恩返しという意味でも、出場するだけではなく『勝ち』という結果を持って帰ってきます」と力強く意気込みを語りました。

 大会は3月19日~30日までの12日間、阪神甲子園球場で開催され、同月10日に組み合わせ抽選会が行われます。

左から関口監督、比嘉主将、畠山県本部長、赤坂校長

最後に全員で記念撮影(左から関口監督、比嘉主将、畠山県本部長、赤坂校長)