1. ホーム
  2. 新着
  3. さくらんぼ新ブランド「恋の雫」販売へ

新着

さくらんぼ新ブランド「恋の雫」販売へ2021年07月02日

 

さくらんぼ新ブランド「恋の雫」販売へ

 

令和3年6月29日(火)新岩手農業協同組合二戸営農経済センターにて、さくらんぼの

新ブランド「恋の雫」のブランドコンセプト等の発表会が行われました。

          

 

                                                                                                         

二戸営農経済センター岩崎実センター長が新ブランド発表の挨拶を述べました。

「二戸市は果樹産地として、さくらんぼの「夏恋」、ブルーベリーの「カシオペアブルー」、りんごのはるかの「冬恋」など高級ブランドに取り組んでいます。さくらんぼは、大規模な生産は行っていませんが、小面積ではありますが高品質生産に取り組んでおり、現在は、主力である「佐藤錦」で上位等級品の置き並べを「夏恋」、

「紅秀峰」の上位等級の置き並べを「極み」としてブランド販売しています。

 

今年度のさくらんぼは、春先の凍霜被害を受け、平年の6割程度の生産量となる見込みで、

ギフト等の販売についても数量を制限した販売での取組みとなります。

さくらんぼは、収穫適期も短く、痛みやすいデリケートな果物で、出荷での置き並べ作業は

非常に気を使う作業であり、時間と労力を要し、厳選した商品であることから数量も限られます。

今回は、品質的には上位等級品である、「夏恋」「極み」に引けを取らず

置き並べの手間を省力化した簡易並べ方式により商品化し、より多くの方にギフト等での

販売拡大につなげることを目的に、主力の「佐藤錦」と「紅秀峰」の上位等級の簡易並べに「恋の雫」とネーミングし、

新たな商標・パッケージとして販売することとなりました。 

さくらんぼは、夏の果物として人気の高い商材であり、岩手の二戸地域のさくらんぼを県内外の多くの

消費者の方に味わっていただきたい。」と話しました。

 

さくらんぼ生産者と二戸市長

                                

二戸市の藤原淳市長は、「スイーツのような甘い

二戸のさくらんぼを沢山の方に食していただきたい。」と話しました。

 

 JA新いわての果樹担当者はブランドパッケージについて「外箱は、目にとまりやすいよういピンクを使用し、上から下へのグラデーションで可愛らしいデザインとなっています。また、青く縁取ることで「雫」らしさを表現しました。また、「恋の雫」という文字はさくらんぼが水面に反射する様子を表しています。

贈答用や自分へのご褒美として手に取りやすい規格になっています。」

 

 

JA新いわての新ブランド「恋の雫」をよろしくお願いいたします!!