1. ホーム
  2. 純情ブランド
  3. 純情ブランドについて

純情ブランドについて

僕たちが『純情産地』の守り神です。

賢治の大地、岩手

賢治が残した農業への情熱は今なお…

詩人、童話作家、科学者、地質学者…さまざまな“顔”を持つ才人であった宮沢賢治ですが、晩年は農業指導者として生きていく道を選択し、故郷の花巻に「羅須地人協会」を設立しました。
賢治はここで訪れる人々に農業の基盤といえる土壌の概念を伝え、作物の営みと自然の関わりを説きました。なかでも情熱を注いだのが肥料設計で、田畑をまわり土を手に取り、その土地に一番ふさわしい肥料のやり方を指導したといわれます。今は当り前のように行われている施肥設計・土壌分析を、はるか70年以上も前にやってのけた賢治。その先進性と農業への情熱は、かたちを変えて今もいわての大地 、そしていわての人々の中に息づいています。

農業に適した土地に恵まれたいわて

では「いわて」とは、どんなところでしょうか。

まずお知らせしたいのは県土の広さ。面積は北海道に次いで全国第2位、四国四県にも匹敵するほどです。その地形は南北に長く、平地から高原まで変化に富んでいます。
もちろん気候条件も変化に富んでいます。温度に置き換えると、その差は南北海道から北関東ほど。新緑から紅葉へと、めぐる季節は広大ないわてを南から北へゆっくりと縦断していきます。そしていわての農業は、この気候風土をぞんぶんに生かして営まれているのです。
平野から高原まで、それぞれの土地では色々な作物の栽培が行われています。冷涼な気候は病害虫の発生を抑えてくれるので、農薬も少しで済みます。

また、いわては全国有数の畜産県。乳製品や肉などの生産量もさることながら、とくに堆厩肥料の使用率は全国でもトップレベルにあります。
自然を活かす農業。自然の力を借りて自然を元気にする農業。簡単なようで実は一番難しいことに、いわての生産者は真正面から取り組んでいます。

理想郷を秘めたいわて

「イーハトヴ(イーハトーブ)は一つの地名である。…(略)…実にこれは著者の心象中に、この様な状景をもって実在したドリームランドとしての日本岩手県である。」これは賢治が、童話集「注文の多い料理店」の序文に掲げたことばです。賢治は自らの足で歩き、大地を耕しつづけながら、ここいわてに理想郷=イーハトーブの姿を見い出していました。

純情産地いわてはイーハトーブそのもの

そして、今。
いわてには、純な自然の力と人々の情が通いあう“純情な”農畜産物がすくすくと育っています。いわて純情米、いわて純情野菜、いわて純情りんご、いわて牛、いわての牛乳、いわての花、いわて純情しいたけ――数々のおいしさを生み出す「純情産地・いわて」。
これも、賢治が描いた理想郷=イーハトーブのひとつのかたちであると、私たちは考えます。
これからも、いわての元気、いわてのこころがたっぷり詰まった「純情ブランド」を、全国の食卓にお届けしていきたいと考えております。