1. ホーム
  2. 新着
  3. ㈱純情米いわて、グッドパッケージング賞受賞!!

新着

㈱純情米いわて、グッドパッケージング賞受賞!!2018年09月03日

 

 ㈱純情米いわては、8月30日(木)に、「2018日本パッケージングコンテスト」の最高賞であるジャパンスター賞の受賞報告をするため、岩手県庁を訪問しました。受賞した商品は、県オリジナル水稲品種「金色の風」「銀河のしずく」「金札米江刺産ひとめぼれ」を包装したギフト商品で、金銀色や市松模様等、人々の目を引く鮮やかな配色が高い評価を得ました。


 「2018日本パッケージングコンテスト」とは、公益社団法人日本包装技術協会主催の日本パッケージ技術の最高水準を決定するものです。材料、設計、技術、適正包装、環境対応、デザイン、輸送包装、ロジスティクス、販売促進、アイディア等あらゆる機能から評価し、年間の優秀作品を選定します。


 6月14日(木)の審査会で、全419件もの多くの作品の中から、㈱純情米いわての「岩手県産米ギフト」がジャパンスター賞の一つである「公益社団法人日本包装技術協会会長賞」に入賞しました。見栄えだけではなく、輸送のための保護機能の充実や包材の適切な使用等により、包装技術的に優れているものが選出されます。8月29日(水)には、東京都文京区のホテルで、表彰式が開催され、㈱純情米いわての菊池 勝代表取締役社長が出席しました。


 今回の報告会では、岩手県からは、農林水産部の上田幹也部長が出席されました。㈱純情米いわての菊池社長からの報告に対し、上田部長は、「高級感溢れる素晴らしい商品。米の品質には絶対的な自信がある。魅力的な包装によって、さらに消費者の関心は高まっていくのでは。」と、県産米評価向上に期待を寄せました。

 また、菊池社長は、同日(8/30)に、JA岩手県五連の小澤隆一副会長を訪問し、受賞報告をしました。

 

高級感とともにインパクトのある受賞商品

 

上田部長(右)に受賞報告をする菊池社長(左)

 

受賞を喜ぶ小澤副会長(右から2人目)、㈱純情米いわての菊池社長ら