1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 「岩手県農家手取り最大化プロジェクト」成果発表会が開催されました。

ニュースリリース

「岩手県農家手取り最大化プロジェクト」成果発表会が開催されました。2019年06月21日

 「岩手県農家手取り最大化プロジェクト」成果発表会

 JA全農いわては、614()、奥州市江刺農業活性化センターにて「農家手取り最大化プロジェクト成果発表会」を行いました。

 「農家手取り最大化プロジェクト」とは、農家の持続可能な農業生産と農業経営の確立を実現するため、県内からモデルJA・経営体を選定し、平成28年~30年度の3か年を通して「農家手取り20%アップ」を目指す取り組みです。

 農業経営のコスト削減・手取り増大に向けて、主に下記のような実践メニューが取り組まれました。

    大型規格農薬の導入による、物財費削減

    農業機械を活用した省力化による労働費低減

    営農最新技術の導入による生産性向上

 

 岩手県からは2JA(JA新いわて、JAいわて中央)11経営体がプロジェクトに取り組みました。

 

 成果発表会では、プロジェクトに取り組んだ農業経営者の成果発表や、今記3か年に向けたプロジェクトの課題共有が行われました。

モデル11経営体全体の30年度の農業所得の合計値は、28年度に比べ25.7%アップを達成し、目標設定値を上回る成果が得られました。

 令和元年~3年度の今次3か年の取り組みでは、7JA9経営体のモデルを選定し、「農家手取り最大化」に向けた取り組みを強化していくことを確認しました。